スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニゲラ♪

ニゲラ♪~ 4月7日の花 ニゲラ(黒種草) ~
【花言葉】 夢路の愛情・深い愛・当惑・不屈の精神・ひそかな喜び
【別名】 クロタネソウ・ワイルドフェンネル・デヴィルインア ブッシュ
【科・属名】 キンポウゲ科・ニゲラ(クロタネソウ)属
【原産地】 地中海沿岸~西アジア原産 一年草
ニゲラ
ニゲラ

ニゲラ

ニゲラ
ニゲラはヨーロッパ南部の地中海沿岸原産の一年草で、日本に渡来したのは江戸時代末期です。
ニゲラの青や白の花びらに見えるのは萼で、中央の地味なのが花です。
花を包む総苞と呼ばれる繊毛は【美女のみだれ髪】又は【ヴィーナスのほつれ髪】とも言われ
細かい糸状のレースのような葉に取り囲まれ、とても幻想的なイメージがあります。
花径は3~5㎝ 花色は青・紫・淡赤・白・ピンクなど【ミスジキル】や【ペルシャンジュエル】などの園芸品種があります。
特に【ニゲラ・ダマスケナ】は切り花として人気も高く、いずれも植物全体が清楚で自然な雰囲気があります。
また種子には芳香があるので香辛料に使われたり、花後にできる子房が丸く大きく膨らみ、
ぼんぼり形のさやがユニークなので、切り花やドライフラワーなどに用いられます。
草丈は30~80㎝ 開花期は4~6月頃です。

属名の【ニゲラ(Nigella)】はラテン語の【Niger「ニガー(黒い)】という意で、種が黒いことにちなんでいます。
和名の【クロタネソウ(黒種草)】もこれにちなみます。
英名は幻想的な花の様子から【love in a mist(ラブ イン ア ミスト)】 【霧の中の恋】
または【devil in a bush(デヴィル イン ア ブッシュ)】 【繁みの中の悪魔】などと呼ばれます。
ハーブとしては【wild fennel(ワイルド フェンネル)】と呼ばれています。
ドイツではこの植物の灰緑色の独特の雰囲気から【緑の中の処女】と呼ばれています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たっけ

Author:たっけ
宮古島・多良間島でのダイビングが大好きです♪
心はNaturalist♪♪
自然の中で過ごす大切な時間♪
綺麗な空を眺め綺麗な海を眺め
ゆっくり流れる宮古時間が大好きです♪
大好きな宮古島へは
時々しか行けないけれど
つねに感じていたい風の流れ♪
Family&スタンプ―2頭&Flowerを紹介しています♪
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。